サイト制作に必要な準備

このページでは、一般的なサイトを作成する上での必要な準備を確認しましょう

尚、お客様と確認を取りながら私たちで手続きを代行することも可能です

ご要望に応じて、臨機応変に対応致しますのでお気軽にご相談ください

1.サイトの内容を考える

これからサイトを作りたい方であれば、どのようなサイトを作りたいのか?すでにイメージをお持ちだと思います

どんなサイトを作るのかに始まり、「サイトの構成」「ページ数」「文章」「レイアウトやデザイン」…色々なことを決めていかなければなりません

手書きのデッサンなど、具体的なイメージを準備することをお勧めします

サイトデザインの準備

2.サーバーとドメインを準備する

ウェブサイトは、「サーバー」と呼ばれるコンピュターの中にあるファイルを外部から読み込むことでページが表示されます

つまり、サイトを作る=サーバーが必要不可欠です

一般的には、レンタルサーバーなどを契約してサイトを作製します

レンタルサーバーと「ドメイン」の取得はまとめて手続きできることも多いですが、今回は、少しでも費用を削減するために個別の準備の仕方をご紹介します

*サーバーとドメインに関しては、お客様名義でのご準備が必要であり、実費費用が必要です


まずサーバーの準備からご説明します

右側の関連サイトにもご紹介させて頂いてますが、「レンタルサーバー」「VPS」どちらも運営会社のサーバーを間借りするレンタルサーバーです

私の個人的見解で、シンプルに説明すると…

・「レンタルサーバー」=仕組みが決められている・専門的な部分では縛られる

→→でも、簡単で使いやすい

・「VPS」=設定などを自由にできる・活用できる幅が広い

→→でも、専門知識が必要

まずは、充分活用できるレンタルサーバーがオススメできるかと思います


次に「ドメイン」についてご説明します

ドメインとは、いわゆるウェブサイトの「名前」と考えていただければ良いかと思います

<例:http://www.site-ya.com/ のような>

ドメインは、登録制で管理されているため、すでに存在するドメインを取得・使用することはできません

ドメインは重要なキーワードであり、検索し易さ、アクセス数などにも大きく影響します

ぜひお気に入りのドメインをゲットして準備しましょう!

ドメインの取得・管理には、「お名前.com」を利用しております

3.サイトのデザイン、ロゴや画像を準備する

サイトを作る前に準備をしなければならないものの一つが「素材」です

ロゴや写真など画像データを使用することが多いのですが、サイト上にアップして表示するには、それなりに大きいファイルでなければ綺麗に表示されなかったりしてしまします

ただし、ウェブサイトは、データを読み込んでページを表示するためデータが重すぎてもダウンロードに時間がかかり不便です

アクセシビリティを考えて、ファイル形式・サイズを適切に選択する必要があります

イメージ画像を自分で撮影するのはかなり難易度が高いので、私もいろいろなサイトに助けられていますが、サイトに使用する際には「商用禁止」のような著作権の問題もありますので、しっかり確認しましょう(サイト内の画像関連リンク先は、商用フリーのサイト様です)

4.HTMLとCSSでサイトを作る

さて、ここまでの準備が整えば、いよいよサイトを作成する作業です

イメージしたサイトを形にするのが「コーディング」です

ウェブサイトは、サーバー上のデータを端末が読み込んで表示する仕組みですので、サーバー上のファイルがルール(コード)に則って記載されている必要があります

それが「HTML」や「CSS」というファイル形式です

コーディングしたファイルをサーバーにアップするとサイトとしてアクセスが可能となります

サイト上では、その他にも「Java Script」や「PHP」など様々なプログラミングも動いていますが、ここでの説明は割愛いたします


〜便利な関連サイトのご紹介〜

レンタルサーバー

ドメインの取得、管理

ロゴマークのデザイン制作

商用OKのフリーイラスト掲載サイト

商用OKのフリー画像掲載サイト

ぱくたそフリー素材